過敏性腸症候群、便秘外来

過敏性腸症候群、便秘外来

ほぼ教科書的な腸管形態

ほぼ教科書的な腸管形態

腹痛を伴う便秘(過敏性腸症候群)の方の腸管形態

腹痛を伴う便秘(過敏性腸症候群)の方の腸管形態 腹痛を伴う便秘(過敏性腸症候群)の方の腸管形態 腹痛を伴う便秘(過敏性腸症候群)の方の腸管形態
下行結腸のループ 下行結腸位置が中央 脾弯曲部、S状結腸挙上

 

ねじれ腸セルフチェック

1)子どもの頃から便秘がち

2)腹痛を伴う便秘になる

3)便秘後、下痢になる

4)運動量が減って便秘に

※2つ以上当てはまる方は、ねじれ腸の可能性があります。

ねじれ腸セルフチェック

ねじれ腸による便秘の究極の対策が、1回わずか4分の腸ゆらしマッサージです。
これは、ねじれた腸をほぐしてあげることで、排便につながるというもの。

 

ねじれ腸セルフチェック

ねじれやすいのは、下行結腸と、S状結腸の部分です。
ここの部分が痛む人は、特に効果あります。

 

便秘解消マッサージ ☆下行結腸☆(1分間)

仰向けになり、両ひざを立て腰の下に座布団を敷く。
両手で左側の肋骨の下辺り~骨盤にかけて腸が揺れるイメージで押していく。

便秘解消マッサージ ☆下行結腸☆(1分間)

 

便秘解消マッサージ ☆S状結腸☆(各1分間)

1.仰向けになり、へその下~恥骨にかけ両手で腸が揺れるイメージで押していく

2.恥骨~へその下まで腸を持ち上げるイメージでマッサージ

便秘解消マッサージ ☆S状結腸☆(各1分間)

 

便秘解消マッサージ ☆上体ひねり☆(1分間)

両足を肩幅に広げ、上体ひねりを行う

便秘解消マッサージ ☆上体ひねり☆(1分間)

ページのトップに戻る