ブログ

特定健康診査・特定保健指導

 

平成20年4月からメタボリックシンドロームに着目した特定健康診査・特定保健指導が始まりました。

■ メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは…?

内臓脂肪の蓄積により、高血圧・高血糖・高脂血症(脂質異常症)などを引き起こす状態のことをいいます。

■ メタボリックシンドロームや生活習慣病の早期予防、改善に…

健康診査を受診し、検診結果に基づき生活習慣を改善することにより、メタボリックシンドロームを予防・改善することができます。

基本的な項目 ○質問票(服薬歴、喫煙歴等) ○身体計測(身長、体重、BMI、腹囲) ○血圧測定 ○理学的検査(身体診察) ○検尿(尿糖、尿蛋白) ○血液検査 ・ 脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール) ・ 血糖検査(空腹時血糖、HbA1c) ・ 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
詳細な健診の項目 ※一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施 ○心電図 ○貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値) ○眼底検査

特定健康診査の結果、支援対象となった方に対して、医師・管理栄養士が丁寧に支援いたします。リスクの程度に応じて(「動機付け支援」・「積極的支援」)食生活の改善や運動習慣の定着など、生活習慣の改善に向けて保健指導を行います。

※各保険者から郵送される、受診票、受診券、被保険者証、65歳以上の方は生活機能評価基本チェックリストを併せてお持ちください。

日付:   カテゴリ:お知らせ